相続でお困りの方
故人の銀行口座が凍結されてお困りの方へ

故人の銀行口座が凍結されてお困りの方へ

  • 亡くなった父の口座が凍結されて困っている
  • 全ての通帳がそろっていないが、きちんと解約できるか心配である
  • 複雑なので口座の相続が自分でできそうにない
  • かなり古い通帳がでてきたが大丈夫だろうか

このようなことでお困りでないですか?
相続専門・北海道の全域を出張訪問相談しているたまき行政書士事務所なら、できるだけ早く専門家が無料でご自宅に出張しお話を伺い、アドバイスを差し上げます
ご相談のあと、ご自身で銀行口座の相続手続きができそうであれば、ご自身で行ってももちろん大丈夫です。その際の相談料はもちろん無料です
もしお任せしたいとのことでしたら、専門家が口座の相続手続きを全て代行いたします。まずはお気軽にお電話かメールでお問合せください。
相談だけでももちろんかまいません。

相続・遺言でお困りですか?
お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

メールフォーム

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

なぜ、銀行(信用金庫)は口座凍結するのでしょうか?

相続が発生した(口座をお持ちの方が亡くなった)ことを銀行が何らかの原因で知った場合には、銀行(信用金庫も同様)は口座を凍結します

口座が凍結してしまえば、相続人が窓口やATMで預金を引き出すことは不可能となります。相続人様の立場からすると、正式な手続きを取らなければ口座凍結が解除されず、預金を引き出すのに非常に苦労することになります。

銀行(信用金庫)が死亡の事実を知るタイミングとしては、

  • ⅰ新聞のおくやみ欄などに死亡の事実が載った
  • ⅱ遺族が銀行に死亡の事実を知らせたとき

この2つが代表例です。

仮に、まだ銀行(信用金庫)の口座凍結が凍結していない段階で、暗証番号を知っていてもATMからキャッシュカードで預金を引き出すことは、物理的に可能であってもしないようにしましょう。

銀行との間では、契約違反ですし、場合によっては、刑法の窃盗罪あたる可能性があります。

銀行(信用金庫)が口座を凍結するのにはやむを得ない理由

最大の理由は、相続人間のトラブルに銀行が巻き込まれることを防止するためです

なぜトラブルに巻き込まれるのか理由を考えてみましょう。

まず、預金契約者が死亡すると法律上その預金は、死亡と同時に法定相続人全員の共有財産(相続財産)となります。各相続人が預金を得る権利を持つのです。

しかし、遺産分割協議を経て初めて預金が誰のものであるか確定するものであるので、まだ遺産分割協議を経ていないうちは、だれがどのくらい権利があるのかがわからないという不確定な状態です

そのような預金の帰属先が不確定な段階で、一人の相続人が他の相続人と遺産分割協議を経ない段階で預金を引き出されることを銀行が認めることは通常ありません。なぜなら、後で、他の相続人から異議が出てトラブルになるかもしれないからです。

面倒でも正式な手順で口座を解約することが重要

ご参考までに、かつて最高裁判所の判例は、遺産分割協議を経なくても、当然に預金は法定分割通りに相続人に帰属する(各相続人は自分の持ち分を引き出せる)という判断をしていました。

もっとも、銀行実務はそのようになっておらず、遺産分割協議を経ないと預金を相続人が引き出せない運用をずっと採っておりました

しかし、判例と、銀行実務の運用があまりに不一致になっていることもあり、最高裁が平成28年12月19日の決定で過去の最高裁判所の判断を変更し、銀行実務に合わせた形となりました。

 

話を戻すと、銀行(信用金庫)の立場からすると、だれが相続人なのか戸籍上証明されない限り、相続人かどうかわからないので、亡くなった方と、相続人の関係性がわかる戸籍をすべて揃え、その方々がどのように預金を分けることに合意したかを知りたい。

それを知る上で相続人の方々は時間がかかっても正式な相続の手続きをしてほしい。そうしないとあとで銀行が相続人間のトラブルに巻き込まれてしまうから

というのが、銀行が口座を凍結せざるを得ない理由です。

したがって、ご面倒でも正式な手順を利用し、銀行の口座解約の手続きをしましょう

無料訪問相談のご予約やご質問等は お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

メールフォーム

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

銀行別の相続手続き

北海道の各銀行・信用金庫の相続手続きについて解説しましたので、ぜひご参考にしていただければと思います
一覧にない銀行につきましてもアドバイス差し上げることができますので、分からないことがありましたらぜひ無料訪問相談をご利用ください

たまき行政書士事務所に依頼すると、面倒な手続き一式を任せることができます
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

たまき行政書士事務所では、北海道内初回訪問無料で相続の無料相談をしております。ぜひ、わからないことがありましたらお気軽にお問合せください。

ご自身で相続手続きをすることが難しかったり、お仕事をしていて時間的にできない場合、相続手続き一式をたまき行政書士事務所で代行することができます

費用については詳しくはこちらををご覧ください

信託銀行の3分の1以下の金額で相続手続きをお任せいただけます(実際にはほとんどのご家庭が信託銀行の5分の1程度で収まります。例えば、相続財産3000万円の場合、信託銀行が相続手続き一式100万円からに対し、たまき行政書士事務所は20万円でありますので、費用の点も安心です)。

かなり昔の通帳の預金が出てきた場合、引き出せるか?

相続が発生して通帳などを相続人の方が探していると、古い通帳が見つかることがあります。この古い通帳でもあきらめる必要はありません

あきらめてしまいそうな通帳としては、2つのケースがあるでしょう。

  • 1つめは、もうその名前の銀行が存在しないケース
  • 2つめは、通帳が非常に古く、最後の記帳が10年以上前とかで時効になって権利が消滅してしまっているのでは?というケース

これらの2つのケースが考えられます。

銀行が現在存在しないケース

1つ目の 銀行が現在存在しないケースについては、特に問題ないでしょう。

なぜなら、銀行が存在しなくなるケースとしては、対等合併や吸収合併、事業譲渡などの場合で、その時は、一方の銀行または新しく名前の変わった銀行が合併存続銀行(存続信用金庫)として存在しているからです。

例えば、北海道内の例でいうと、札幌銀行とは合併をし、拓銀からは事業を譲り受けている北洋銀行が存続銀行となっている例があります

札幌銀行の通帳が出てきたときは、北洋銀行に相続手続きを出すということで解決します。

通帳がとても古いケース

次に、2つ目の通帳がとても古い(10年以上前)のときのケースでも、特に問題ありません。

確かに、法律上、預金債権は、銀行が5年(商法522条)、信用金庫は10年(民法167条)で消滅時効を迎えます。しかし、預金債務者である銀行が時効を主張(時効の援用・民法145条)しない限りは、時効は消滅しません。

銀行・信用金庫は社会的責任が個人や他の法人よりも大きいので、5年や10年が経過したら即、消滅時効を主張し時効の成立を主張するようなことはありません。消滅時効を主張する権利はあっても実務上は時効の主張をしていないのです

では、長期間動きのない預金についてはどうなるかというと、タイミングは様々ですが、10年以上経過した預金は、銀行内で休眠預金口座として別口座に一旦奥深くにしまってあります

そのため、この奥深くにしまってある預金を引き出してあげると、相続人の方々に預金は戻ってきます。

参考までに、ご案内すると、2016年から2017年にかけて新聞やニュースの報道にて、“休眠預金活用法という法律ができて、休眠預金が公益活動のため使われてしまうので、休眠預金になると今は国に勝手に使われて無くなってしまう”と誤解している方もいるかもしれませんが、休眠預金を引き出すことは可能です。預金を戻す権利が無くなってしまうということはありません。ちなみに、休眠預金活用法は、2018年1月から施行されております。

詳しくは、金融庁のホームページで確認できますので詳しくお知りになりたい方はご参照ください。

さて、話を戻します。相続手続においては、休眠口座の取り扱いには、注意が必要です。

一般の預金口座とは別に保管してある預金なので、相続手続きの解約の際、銀行(信用金庫)がその休眠口座に気が付かず、漏らしてしまうことがあります

特に、銀行合併と休眠口座が重なったケースなどでは、要注意です。

たまき行政書士事務所ではどう対応するか
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

前述の通り、休眠口座は銀行が気づかないことがあるので、たまき行政書士事務所では、残高証明書発行請求を預金解約の前に依頼して、亡くなった方の遺産である預金が漏れなく相続人様に渡るよう、二重の確認を銀行(信託銀行)に求めていくようにしております

 

もし、銀行口座でわからないことがありましたら、初回無料訪問相談をしておりますのでお気軽にお電話ください。北海道内どこでも初回訪問相談を無料でしております

仕事などで忙しく手続きをする手間が無い、大変そうなので手続きをする自信が無いお客様については、たまき行政書士事務所で、相続一式の代行をご依頼いただくこともできます。

その時もまずは無料訪問相談の予約をしていただき、実際にお会いして安心できると思ったらその後ご依頼いただくという方法が良いと思います。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などでの無料相談を希望する
事務所での無料相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
(※市までで結構です。) 必須

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談も可能です)

たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。旭川市・稚内市・名寄市・富良野市・留萌市、札幌市・苫小牧市・小樽市・江別市・千歳市、釧路市・帯広市・北見市・音更町・網走市、函館市・北斗市・七飯町・八雲町・森町など道内全域出張対応

無料訪問相談のご予約やご質問等は お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

メールフォーム

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

旭川市・稚内市・名寄市・富良野市・留萌市など道内全域出張対応
札幌市・苫小牧市・小樽市・江別市・千歳市など道内全域出張対応
釧路市・帯広市・北見市・音更町・網走市など道内全域出張対応
函館市・北斗市・七飯町・八雲町・森町など道内全域出張対応
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
旭川市、札幌市、釧路市、函館市など北海道内全域に出張します

たまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)

事務所情報を詳しく見る