遺言のよくあるご質問

遺言書の検認とは何ですか?

行政書士による遺言の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

かみ砕いていうと、自筆証書遺言が発見された場合、その遺言書を家庭裁判所に出し、自筆証書遺言を手続きでも使えるようにするための手続きです

自筆証書遺言は、家庭裁判所に申し立てる前に、戸籍集めをする必要があります。また、検認と同時にその後の、相続手続きのために、財産調査もする必要があります。

戸籍集めであっという間に、2か月以上経過しまうこともありますので、一度専門家のアドバイスを受けることをおすすめします

正式な説明は、家庭裁判所のHPを引用いたしますので参考にしてください。

遺言書(公正証書による遺言を除く。)の保管者又はこれを発見した相続人は,遺言者の死亡を知った後,遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して,その「検認」を請求しなければなりません。また,封印のある遺言書は,家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています。
検認とは,相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに,遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。

引用:裁判所|遺言書の検認

自筆証書遺言には検認が必要です

お亡くなりになった方が遺言書を書いている場合、多くの場合、封筒に入れて封をして保管してあります。封をしていない場合もありますが、とくに問題はありません。

封筒に何も書いていなく、開封してみたら遺言書だった場合、故意でなければ、無効となる可能性は低いです。

いずれの場合でも、自筆証書遺言を手続きの際に利用する場合、家庭裁判所の検認が必要になります。検認をしていない自筆証書遺言は、銀行の解約手続きや、不動産の名義変更手続きで利用できません

検認をするにはどうすればよい?

検認をするには、

  • ① 相続人の関係性がわかる戸籍を全部原本で提出する必要があります。
  • ② 申出書も家庭裁判所に提出する必要がありますが、これはA4用紙2枚くらいのものに見本に従って書けば足りますので、それほど難しい書類ではありません。

検認の手続きは、①の相続人の関係性がわかる戸籍集めが一番大変といえます

一般的な、配偶者と子供が相続人のケースで必要となる戸籍
  • ⅰ お亡くなりになった方の出生から死亡までの戸籍謄本のすべて
  • ⅱ 子供が結婚している場合には、親の戸籍から出ていった時の戸籍から、現在までのすべての戸籍(謄本でも抄本でも可能です)
一番難しい、亡くなった方の兄弟姉妹が相続人となるケースで必要となる戸籍
  • ⅰ お亡くなりになった方の出生から死亡までの戸籍謄本のすべて
  • ⅱ お亡くなりになった方のご両親(父、母)それぞれの、出生から死亡までの戸籍謄本のすべて
  • ⅲ お亡くなりになった方の兄弟姉妹の親の戸籍から離れ、現在までの戸籍(謄本でも抄本でも可能です)が必要となります。

兄弟姉妹が相続人のケースだと、戸籍謄本と戸籍の附票(相続人の住所が書いてあるもの)を合わせて、合計30通を超えることも珍しくありませんので非常に大変です

検認をするときになぜ戸籍を揃える必要があるのか

一言でいうと、相続人がだれであるかを裁判所が戸籍上の記録で確認するためです。

遺言書は、相続人の方々が協議する必要もなく権利関係が亡くなった方の意思のまま実現しようとするものなので、相続人にとっては遺言の有効無効について非常に関心があるといえます。

そのため、裁判所が、相続人は誰々であるかを把握し、その相続人の方々に通知するために、事前に戸籍集めが必要なのです。

発見した方が裁判所に申立てをし、検認期日が決定するとその期日が相続人の皆さまに通知されます。検認期日に出席するかどうかは、相続人さまそれぞれの判断にお任せなのですか、参加を希望した相続人さまは皆さま検認作業(開封するところ)を見ることができます。

さらに詳しくお知りになりたい方は裁判所の検認についてのページをご参照ください。

自筆証書遺言を発見したときには、ぜひ無料出張訪問相談をご利用ください

自筆証書遺言は、家庭裁判所に申し立てる前に、戸籍集めをする必要があります。また、検認と同時にその後の、相続手続きのために、財産調査もする必要があります。

戸籍集めであっという間に、2か月以上経過しまうこともありますので、一度専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

たまき行政書士事務所であれば、ご自宅まで無料で出張訪問相談を行っております
平日にご予約いただければ、土日も訪問可能です。
お客様のご自宅訪問する際の交通費や日当なども無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
札幌近郊であれば、予定が空いていれば当日の午後でも、その他北海道内であれば、翌日にでも無料で訪問しアドバイス差し上げることが可能です

ほかのよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談も可能です)

たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。旭川市・稚内市・名寄市・富良野市・留萌市、札幌市・苫小牧市・小樽市・江別市・千歳市、釧路市・帯広市・北見市・音更町・網走市、函館市・北斗市・七飯町・八雲町・森町など道内全域出張対応

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

メールフォーム

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

旭川市・稚内市・名寄市・富良野市・留萌市など道内全域出張対応
札幌市・苫小牧市・小樽市・江別市・千歳市など道内全域出張対応
釧路市・帯広市・北見市・音更町・網走市など道内全域出張対応
函館市・北斗市・七飯町・八雲町・森町など道内全域出張対応
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
旭川市、札幌市、釧路市、函館市など北海道内全域に出張します

たまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)

事務所情報を詳しく見る