遺言を発見した場合

遺言の基礎知識

遺言を発見した場合、自筆証書遺言と公正証書遺言で対応が異なります。対応が異なる理由としては、自筆証書遺言は、基本的に、そのままでは手続きに利用できないということです

自筆証書遺言を発見した場合

遺言の基礎知識自筆証書遺言においては、相続手続きで利用できる状態にするために、家庭裁判所で“遺言書の検認”という作業をする必要があります

遺言書の検認”については、家庭裁判所のHPで詳しくその方法が書いてあります。

検認”がなされるとホチキスで止められた、検認が済んだことの証明書が添付されます。

自筆証書遺言を発見した場合には、発見した人が遺言を、隠匿したり、改ざんしたりしたと疑われないように、家族に遺言があったことを知らせすぐに家庭裁判所に検認に出すとよいでしょう

封筒に入っていた場合には、なるべく開けることなく検認に出した方が良いです

アドバンス

2020年7月10日から施行される法務局での自筆証書遺言の保管制度を利用すると“検認”が不要となります(法務局HP参照)。

公正証書遺言を発見した場合

遺言の基礎知識公正証書遺言を発見した場合には、相続人様がその内容を見ても全く問題ありません。公正証書遺言は、公正証書遺言の原本が公証役場に保管され、少なくとも同一の内容のものが2通はあるため、隠匿、改ざんの恐れがないといえるからです。

仮に、遺言者が公正証書遺言を作成していたということを全く知らなかった場合には、まずは、遺言執行者に問合せをすると良いでしょう。

遺言執行者に指定されている方は、事情を詳しく知っている可能性が高く、また、発見された公正証書遺言の内容を実現できる唯一の方です。

相続の実務では、遺言執行者以外の方が手続きをしようとしても通常は、遺言執行者以外は手続きに応じられないとして断られます。

公正証書遺言のメリット

公正証書遺言の良い所は、

  • ① 公証人が作成したという体裁を採っているため銀行等に対し信用力があること
  • ② 自筆証書のように手続きに利用する前の“検認”もないため、相続手続きにすぐ利用できる

という点です。

相続に詳しい専門家であれば、通常は、自筆証書ではなく公正証書遺言の作成を勧めます。公正証書遺言は、遺言者の遺言に対し、公証人と証人2人という立会人が3人もいる状態で作成をするものですので、誰かに書かされたなどという疑いもでません。

公正証書の方が、あとで、相続人同士のトラブルに発展する恐れがないといえます

(公正証書遺言)

第九百六十九条 公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
一 証人二人以上の立会いがあること。
二 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
三 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
四 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。
五 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

民法

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などでの無料相談を希望する
事務所(札幌)での無料相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
(※市までで結構です。) 必須

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談も可能です)

たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

無料訪問相談のご予約やご質問等は お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

LINEで連絡する

受付時間 24時間

メールで連絡する

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る