障害のある子と障害のない子がいた親御さんから遺言の相談を受けたケース
(相談者70代女性)

遺言の解決事例

相談内容

相続手続き中に、遺言の相談を受けました。実際に公証役場で遺言作成ができるのは、ご主人の遺産相続完了後となるため、原案だけは相続手続き中に先に作っておきましょうと提案しました。障害のある子(長男)や障害のない子(二男)いずれも大切なのであとでいずれもが困らないようにしたいとの希望でした。

問題点と解決方法

遺言における問題点と解決方法を行政書士が解説まず、どのくらい障害のある方にお金がこれからかかるのか聞き取りました。

そうすると、長男様の障害にかかるお金自体は国から全額出ているので一切かからないとのことでした。

今回の相続手続である程度、障害のある長男様については、財産が渡ったので(特別代理人の選任事案であったためある程度財産を障害のある方に分ける必要があったため)、今回は遺言で長男様に多く渡したいとのことでした。

そのため、その意思を反映した遺言の原案を作成しました。

感想

行政書士による遺言の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。相続手続きと遺言は密接な関係です。どちらも将来を見据えて話を聞き進める必要があります。今回は通常よりも回数を多く面談させていただき、最後は納得のいくものができて喜ばれましたので、本当に良かったと思います。

障害のある方に多く残すことも大事ですが、遺言者が亡くなった後何かしらの手続きをするのは、障害のないご兄弟であります。このような場合には、障害のないご兄弟にもどのような遺言を書くかを伝えてから遺言を書いた方がよいときもあります。

今回は、障害のない二男様にも内容を伝えたうえで遺言を作成し、家族が納得した状態で今後の話合いをするきっかけができたとして喜ばれましたので良かったです。

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

その他の遺言事例

全ての事例を見る

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市北区北32条西5丁目3-28
    SAKURA-N32 1F
    011-214-0467
    070-4308-1398(行政書士直通電話)
    電話受付:平日9時~18時
  • [交通アクセス]
    地下鉄南北線:北34条駅(3番出口)から徒歩1分

事務所情報を詳しく見る

料金について詳しく見る

よくある質問と回答を見る

相続遺言YouTube教室 随時更新中!

行政書士田巻裕康による相続・遺言に関する解説動画をYouTubeにて公開中。一般のお客様はもちろん、相続実務を行ったことのない行政書士の方もぜひご活用ください。