相続放棄とは

相続の基礎知識

相続放棄とは、お亡くなりになった方の法定相続人が

  • ⅰ. 遺産の相続をしない
  • ⅱ. 相続人という地位自体を自ら放棄する

手続きです。

相続放棄をするには、お亡くなりになった方の住所地を管轄する家庭裁判所に相続放棄申述書を提出する必要があります。

家庭裁判所のホームページには、相続放棄のやり方をかなり詳しく解説しておりますので、自分で相続放棄の申請をする場合には、家庭裁判所のホームページを参照するとよいでしょう。

相続放棄のポイント

相続の基礎知識相続放棄は、「相続の開始があることを知った時から3か月以内」(民法915条1項本文)に行う必要があります。

但し、「知った」というのは、あくまで主観的なもので客観的に計れるものではないため、死亡日から3か月を過ぎて相続放棄の申述をすると、家庭裁判所は、相続放棄を簡単には認められない傾向にあります

そのため、相続放棄をすることが決まっている方はすぐに相続放棄をする準備を始めた方がよいでしょう。

また、相続放棄をした方が良いかどうかについて迷っている方については、早めに相続に詳しい専門家に相談に行くと良いでしょう

(相続の承認又は放棄をすべき期間)

第九百十五条 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
2 相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。

民法

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などで対面の無料相談を希望する
事務所(札幌)で対面の無料相談を希望する
無料テレビ電話相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
※市町村までで結構です 必須

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る