遺留分とは

相続の基礎知識

相続の基礎知識遺留分とは、かみ砕いて表現すると、一定の法定相続人に認められる最低限の遺産取得割合のことをいいます。

遺留分の請求が認められる一定の法定相続人とは、兄弟姉妹(兄弟姉妹の代襲相続人も含む)以外の法定相続人です。裏を返すとお亡くなりになった方の兄弟姉妹には遺留分を請求する権利がありません。

具体的には、お亡くなりになった方の配偶者、子供、尊属(親、親が無くなっている場合には、親)が遺留分請求権者となる可能性があります。

相続実務で遺留分が問題となる事例のほとんどは、遺言(公正証書遺言、自筆証書遺言)で誰かひとりが相続財産をすべて取得するというケースです。

遺留分の割合は、民法1042条という条文で定められています。

(遺留分の帰属及びその割合)

第千四十二条 兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次条第一項に規定する遺留分を算定するための財産の価額に、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合を乗じた額を受ける。
一 直系尊属のみが相続人である場合 三分の一
二 前号に掲げる場合以外の場合 二分の一
2 相続人が数人ある場合には、前項各号に定める割合は、これらに第九百条及び第九百一条の規定により算定したその各自の相続分を乗じた割合とする。

民法

遺留分割合は、奥が深くすべてのパターンを解説すると難しくなりすぎるので簡単に解説すると、一部の例外はありますが、法定相続分に3分の1、あるいは2分の1を掛けた割合です。

遺留分のポイント

相続の基礎知識遺留分の最大のポイントは、兄弟姉妹には遺留分を主張する権利がないということです。

例えば、夫が亡くなり、妻と兄弟姉妹が相続人のパターンで、遺言で「妻に財産のすべてを全部相続させる。」という遺言を残した場合、遺言を残した方の思い通りとなります。

そのため、子供のいない夫婦で配偶者に全部遺産を相続させたい場合、遺言を残すことがお勧めです。

アドバンス

遺留分を侵害された方が、遺産を全部取得した方に自身の遺留分を請求したい場合(遺留分減殺請求をする場合)には弁護士の方に相談すると良いでしょう

弁護士資格は、紛争問題を無制限に解決できる唯一の資格です。遺留分の請求をしたい場合の相談は、行政書士でなく弁護士の方に相談すると良いでしょう

知り合いの弁護士がいないという方は、一度“法テラス”にまずはお電話をすると良いと思います。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などでの無料相談を希望する
事務所(札幌)での無料相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
(※市までで結構です。) 必須

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談も可能です)

たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

無料訪問相談のご予約やご質問等は お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

LINEで連絡する

受付時間 24時間

メールで連絡する

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る