私は手が震えて字が書けないのですが、そのような場合でも遺言書を作成できるのでしょうか?

遺言のよくあるご質問
行政書士による遺言の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

はい、公正証書遺言の場合ほとんどの場合、作成可能です

実際には、多くの場合、行政書士など遺言を作成に慣れている方が原案を書いて、財産に関する資料や、戸籍や住民票を集めて公証役場に提出することでスムーズに公正証書遺言を作成しています。

たまき行政書士事務所では、ご自宅でのご相談、事務所内でもいずれも可能です。

遺言作成をお考えになっている方やご家族の方、いずれもお気軽にお問い合わせください

自筆証書遺言の場合作成できません

自筆証書遺言は、遺言を残す方の自筆(直筆)での本文記載および署名押印が必要となりますので、自筆証書遺言の作成は、手が震えてしまい、字が書けない場合作成できません

公正証書遺言の場合作成が可能です

自筆証書遺言と異なり、公正証書遺言は、公証人が遺言を残す方のお気持ちを文字にしますので、遺言の内容を書くことが出来なくても問題ありません

ただし、遺言の本文や付言(お気持ち)は、公証人の方で作成するのですが、遺言を残す方自身が、最後に署名押印をする必要があります

できれば、この署名については、お名前を漢字で書くのみで足りますのでご自分で書いた方がよいでしょう。

公証人の代署、代印という方法もあります

公正証書遺言の作成では、最後にお名前のみ漢字で書くということを説明しましたが、お名前を書くことが難しい場合でも、公証人の代署、代印という方法がありますので、ご安心ください

具体的には、署名押印欄の前に、“遺言者は病気のため、署名することができないので、本公証人が代署、代印する。”という文言を入れ、公証人が遺言を残す方の代わりに署名押印をいたします

たまき行政書士では遺言相続を専門としております

実際には、多くの場合、行政書士など遺言を作成に慣れている方が原案を書いて、財産に関する資料や、戸籍や住民票を集めて公証役場に提出することでスムーズに公正証書遺言を作成しています。

たまき行政書士事務所では、ご自宅でのご相談、事務所内でもいずれも可能です。

施設や病院にいる方についても、なるべく早い日程で施設や病院に訪問させていただき、遺言作成のサポートをいたしております。先約がなければ、当日や、翌日午前中の訪問も可能です。

遺言作成をお考えになっている方やご家族の方、いずれもお気軽にお問い合わせください

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市北区北32条西5丁目3-28
    SAKURA-N32 1F
    011-214-0467(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    地下鉄南北線:北34条駅(3番出口)から徒歩1分

事務所情報を詳しく見る

相続遺言YouTube教室 随時更新中!

行政書士田巻裕康による相続・遺言に関する解説動画をYouTubeにて公開中。一般のお客様はもちろん、相続実務を行ったことのない行政書士の方もぜひご活用ください。