死期が迫っている父が公正証書遺言を作成したいと言っています。作成を依頼した場合最短でどのくらいで作成できますか?

遺言のよくあるご質問
行政書士による遺言の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

札幌市内の方でしたら、最短で4~5日程度で作成が可能です。札幌以外の地域でしたら、最短でも1週間~10日位はかかると考えた方が良いでしょう

お急ぎの場合には、まずは、お電話をいただくと一番早いと思います

公正証書遺言をご検討されているお客様は遺言・相続専門の一度たまき行政書士事務所へご相談ください

できるだけ早い日程で、訪問いたします。もちろん、札幌市の事務所でもご相談可能です

相続・遺言でお困りですか?
お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

札幌市内の方でしたら最短4~5日で作成できます

最短作成の流れとしては、

  • ① 札幌市内でご相談
  • ② その日のうちに必要書類(戸籍、登記簿等)を収集
  • ③ 当日あるいは翌日に公正証書遺言原案作成
  • ④ ご依頼者に原案の確認と修正
  • ⑤ 公証役場へ遺言原案の提出と日程調整
  • ⑥ 公証役場の公証人が1日あるいは2日で原案のチェック修正
  • ⑦ 公証人1人、証人2人の立ち合いの上、公正証書遺言完成

となります。

札幌市内の公証役場は、事務処理が非常に早く、たまき行政書士事務所との普段からの連携により、他の公証役場よりもかなり早く公正証書遺言の完成までたどり着きます

公正証書遺言の作成の流れ

公正証書遺言とは、

  • ⅰ. 公証人の面前で
  • ⅱ. 証人2人の立ち合いの上
  • ⅲ. 公証人が作成した

という形式を採る遺言書になります。

行政書士が公正証書遺言の作成を依頼された場合には、行政書士の方で公正証書遺言原案を作成し、その後、ご依頼者と原案について打ち合わせの上、完成した遺言原案を公証役場に持ち込みます

行政書士から持ち込まれた遺言原案を、担当の公証人がチェック、修正し、公正証書の案文が作成されます。

あとは、公正証書遺言正本作成の日程を決めて、その当日に公証人が読み上げ、遺言者、公証人、証人の三者が署名押印し完成します

病床、施設での公正証書遺言の作成も可能です

公正証書遺言は、基本的には、公証役場での作成ですが、病気などで死期が迫っている方、車がなく体が不自由な方、施設内で過ごしている方については、行政書士、公証人が出張作成をすることが可能です

たまき行政書士事務所では、死期が迫っているなどの事情がある場合、可能な限りお問い合わせがあった当日、早い時間に訪問し、遺言に書くべき内容、遺言を作成しようとした背景などを、丁寧に迅速に聞き取りします。

そして、公証役場に提出すべき資料を当日に収集し、当日に遺言原案を行政書士が作成します。

行政書士の作成した遺言原案が作成したら、公証役場に電話やメール、訪問をし、最短で出張作成のできる日程を調整します

札幌市の公証役場でしたら、公証役場の込み具合にもよりますが、事情をご理解いただき、すばやく対応をしてくれますので、2日から3日後の公正証書正本作成も可能となる場合があります

出張対応の場合、公証人とその補助者の方が半日ほど外出となりますので、込み合っている場合には、日程調整が難しい場合がありますが、行政書士が事情を説明しできる限り早い日程で組んでいただけるようにいたします

実際にあった遺言事例

事業を行っていた創業者の父に死期が迫っており、その事業を引き継いでいた長男様から、父の遺言について相談を受けました

創業者であるお父様も事業を引き継ぐ長男様へ遺言を残していなかったので、公正証書遺言を作りたいと病床で希望しておりました。

創業者であるお父様は、末期がんで入院しておりましたので、ご自身に死期が迫っていることは理解しておりました。

そのため、できる限り早い日程で行政書士が面会、原案作成、公証役場との打ち合わせ、病床での遺言正本作成まで行いました

公正証書遺言正本完成の数日後に、創業者である父の方は、死亡しましたが、事業を引き継いでいた長男様に無事にお父様の財産を引き継がせることができました

もし、公正証書遺言が無かった場合、相続人様の間の遺産分割協議は、うまくいかないことが多く、長男様が事業を引き継ぐことが困難となる場合があります。

そのため、お父様のご意思を強く反映させることができる公正証書遺言を作成することは非常に重要といえます。

たまき行政書士事務所では、費用も明確にしております

たまき行政書士事務所では、公正証書遺言の原案作成報酬について、明確にしております難しい内容の遺言作成でも12万円(税別)となっております。この金額には、証人2人用意する費用も含まれております。

費用について詳しくは、記事を書いておりますので「公正証書遺言を作る際にたまき行政書士事務所以外に支払う料金以外に支払う費用はありますか?」をご参照ください。

お急ぎの場合には、まずは、お電話をいただくと一番早いと思います。

公正証書遺言をご検討されているお客様は遺言・相続専門の一度たまき行政書士事務所へご相談ください

できるだけ早い日程で、訪問いたします。もちろん、札幌市の事務所でもご相談可能です

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などで対面の無料相談を希望する
事務所(札幌)で対面の無料相談を希望する
無料テレビ電話相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
※市町村までで結構です 必須

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る