公正証書遺言を作る際にたまき行政書士事務所以外に支払う料金以外に支払う費用はありますか?

遺言のよくあるご質問
行政書士による遺言の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

はい。公証役場に支払う手数料があります

公証役場の手数料の額は、遺言を作成する段階での遺言者の財産の額と、祭祀主宰者という方を付けるか否か、利益を受ける方が何人いるかによって変わります。

たまき行政書士事務所にかかる費用は、財産額に関わらず、公正証書遺言原案作成サポートの料金は一律12万円(税別)で行っております。

詳しくは、安心の費用をご参照ください。

相続・遺言でお困りですか?
お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

公正証書遺言を作成する場合の総額

財産額総額が2000万円、祭祀主宰者を指定、一人に相続させる場合

公正証書遺言作成トータルサポート料金12万円(税別)(証人2名を含みます)
戸籍等の実費 約2,000円~3,000円
公証役場に支払う費用約4万7千円 
合計約17万円
                       

が最終的にかかる総額となります。

公正証書遺言の際に公証役場に提出するもの

公証役場で公正証書遺言を作る際に、まず、① 遺言者(遺言を残したい方)の本人確認資料が必要となります。本人確認資料は、顔写真付きの運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの他に、印鑑登録証明書+実印押印、という組み合わせでも本人確認資料となります。

次に、② 〇〇に相続させると記載する際に、推定相続人であることがわかる資料を提出する必要があるため、遺言者と受遺者(財産を受け取る人)との関係がわかる戸籍一式が必要となります。

戸籍一式の種類は、家族構成によって異なるので、一概には言えないのですが、夫が妻に相続させると遺言を書くには、夫と妻が一緒に載っている現在の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)を1通用意すれば足ります

さらに、③ 不動産を現在保有している場合には、不動産の評価額や地番等がわかる固定資産評価証明書、場合によっては不動産登記簿というものの提出も必要です。

固定資産評価証明書は、不動産が存在する自治体(例えば、恵庭市に不動産を有しているなら、恵庭市役所の税務課)に発行を依頼する必要があります。

自治体により発行料金は異なりますが、1枚300円から400円位で取得できます。複数枚になることもあるので、その時は、1000円を超えることもあります。

公正証書遺言を作成する際には、証人が2人(推定相続人など利害関係がある方以外の方である必要があります)の同席が必要ですので、④ 証人の氏名、住所がわかる資料が必要となります。

その他の資料としては、例えば、⑤ 推定相続人(遺言者が亡くなったときに相続人となる予定の方)以外に財産を遺言によって渡したい場合には、その方の氏名、住所がわかる資料を提出する必要があります。一般的には、住民票が氏名住所確認資料として適しています。

ただし、自治体によって異なりますが、札幌市では、遺言作成の際に、遺言を残したい方の住民票の発行を依頼しても住民票を発行してくれないルールがありますので、札幌市にお住まいの方の氏名、住所確認資料としては、その方から来たハガキ(氏名、住所が載っているもの)もしくは、場合によっては資料がなくても受け付けてくれると思います。

また、例えば、⑥ 慈善団体や一般社団法人に寄付するとの遺言を残す場合には、法人の登記簿あるいは、ホームページのコピーがあれば提出資料とすることができます。

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所では、お客様に代わり資料収集をいたします

このように提出資料はいろいろありますが、いずれもお住いやお住いでない市役所、町役場、場合によっては、法務局まで行く必要がありますので、なかなか大変です

また、証人は、公証役場でも有料で手配してくれますが、公正証書遺言作成の当日に証人を2人同席してもらう必要があるので、人の手配の準備もありいろいろと作成まではやることがいっぱいです

たまき行政書士事務所では、職権であるいは、委任状を基に公証役場に提出する資料をすべてお客様に代わって収集します

また、公正証書遺言の作成は、直接公証役場の公証人の方と直接相談しながら作成することもできますが、公証役場では、ある程度時間的制約の中で、基本的には公証役場まで来所して相談する必要がありますので、遺言を作成する方がご高齢で足が不自由な場合には、現実的に公証役場の公証人の方と直接やり取りするのは難しいことがあります。

たまき行政書士事務所では自宅で打ち合わせができます

たまき行政書士事務所では、ご自宅で、遺言作成の相談をゆっくり時間をかけて行い、2回から3回ご自宅で打ち合わせた上で、公正証書遺言作成当日に一緒に公証役場に行くことで公正証書遺言が完成します。

ご自身ですべてを行うよりかなりスピーディーに作成できますので、結局作成できなかったということを避けることができ安心です

通常は相談から公正証書遺言完成までの期間は1か月以内です。

まずは、お気軽にお電話ください。

行政書士による遺言の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

札幌近郊の方はもちろん道東、道北、道南の方のご相談も受け付けております

お電話で簡単にまずは打ち合わせをし、無料訪問相談をご希望の方は、できるだけ早く出張訪問相談をしております

平日お忙しい方であれば、平日に予約いただければ、土日の訪問も可能です。

お電話からできる限り早い訪問を心がけておりますので、先約がなければ、当日の訪問も可能です

まずは、お気軽にお問合せください。

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る