遺産は、法定相続割合(法定相続分)の通りに分ける必要があるのですか?
相続のよくあるご質問

行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

いいえ。相続人の皆さまの合意があれば、法定相続割合通りに分ける必要はありません。

実際に、法定相続割合通りで分けるケースはあまりありません。

それでは、法定相続割合とはなにか、なぜ法定相続割合通りに分ける必要がないかを詳しく解説します。

相続・遺言でお困りですか?
お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

メールフォーム

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

法定相続割合とは

法定相続割合(法定相続分)とは、民法900条の各号に記載がある民法という法律が定めた分割割合のことをいいます

この民法900条という法律の条文は、簡単に説明すると、相続人様同士で、話し合いが決まらなかった場合などに裁判の基準となる割合が示されています。

実際の一般のご家庭の遺産分割協議では、きっちりとこの法定相続割合で分けることは稀で、分ける際の参考となる基準と考えて構わないと思います。

具体例を挙げると、夫、妻、長男、長女のご家族において、夫が死亡し、相続が発生した場合、法定相続割合(法定相続分)通りに100万円の現金を分けたとすると、妻50万円、長男25万円、長女25万円となります(民法900条1号、調停や裁判で争った際には、過去に贈与があったかなど、もっといろいろな要素が加味されます)。

実際には法定相続割合通りで分けるケースは少ないです

遺産は現金や預貯金だけでなく、住んで10年以上経過している自宅や数年利用している自動車・除雪機、薄型液晶テレビ、家具、家電、優良老人ホームの保証金などいろいろな種類の財産があります。 

 

そのため、正確な財産的価値を算定しにくいものも遺産の中には多々あります

また、社会通念上、一緒に長年寄り添っていた妻の割合を多くした方が良い場合もあるでしょう。

そのため、争いのない一般のご家庭では、家族の話し合いで妻に全部相続させ、長男、長女は遺産を一切相続しないというケースもよくあります

また、例えば、遺産の8割を妻が相続して、長男長女は1割ずつもらうということもできます。

さらに、妻の方が例えば85歳くらいで、家を継ぐ長男に全部相続させてこれからの面倒を見てもらいたいと考え、長女もそれに同意すれば、長男が遺産を全部相続するということも可能です。

ただし、相続人全員の合意が必要なので、一人でも話し合いに納得できない、判を押さないという方がいると合意による遺産分割はできないこととなります

家族の話し合いで解決できず、調停や裁判となると家族で遺恨を残すことがほとんどですので、できるだけ円満に話し合いで解決して、遺産分割をすることが大切だとたまき行政書士事務所では考えています。

たまき行政書士事務所では、円満な解決がなされるよう多くの事例をあげ、遺産分割協議が相続人様同士でできるようにアドバイスすることができます

行政書士は、相続人のいずれかの代理人になるということは法律上できず、あくまで中立的立場で書面を作成する職務上の決まりがあります(明らかに争いがある相続の案件は法律上、弁護士さんしか受任ができないこととなっております)。

しかし、揉めそうかもという漠然とした不安をもっているご家庭も多いですので、そのときは、一度たまき行政書士事務所にご相談ください

無料訪問相談のご予約やご質問等は お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

メールフォーム

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

相続でお困りの際は、無料訪問相談をご利用ください

行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

たまき行政書士事務所では、一般のご家庭の相続を多く担当しております。また、相続人様のご自宅まで訪問させていいただき無料相談をいたしますので、足の不自由な相続人様がいても安心ですし、緊張することなくアットホームな雰囲気で相談にのることができます

事務所は、札幌市中央区にありますが、札幌近郊の方でしたら、先約がなければ、当日1~2時間後にでも相談が可能です

場所にも寄りますが、北海道内であれば、道東、道南、道北でも当日あるいは翌日の訪問が可能です

平日にご予約いただけましたら、土日の訪問も可能です

費用も明確にしており、予想外の金額が最後にかかるということもありません。行政書士が訪問の際に移動にかかる交通費も無料です。(詳しくは、安心の費用をご覧ください。)

 

まずは、お気軽にお電話又はメールでお問い合わせいただけましたらと思います。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などでの無料相談を希望する
事務所(札幌)での無料相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
(※市までで結構です。) 必須

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談も可能です)

たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

無料訪問相談のご予約やご質問等は お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

メールフォーム

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る