相続人の一人が海外におりますが、相続手続きは可能でしょうか?
相続のよくあるご質問

行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

はい、相続人の一人が海外に居住しているとしても、相続手続きは可能です。

Eメールやエアメールでスムーズにやり取りが可能です。

代表行政書士の田巻は、東京都と神奈川県で多くの海外に住む方の相続手続きを経験しておりますので、安心しておまかせください

相続・遺言でお困りですか?
お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

メールフォーム

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

例:夫が亡くなり、妻と、長男、長女の3人が相続人であり、長男がハワイにいるケース

具体例をイメージしやすいように、このような家族構成ということにします。家族構成が、妻と、長男、長女ですと、妻と、長男、長女の3人が相続人となります

相続手続きの流れは、大きく区分すると4つの段階に分けることが可能です。

  • 1 戸籍調査(相続人の確定)
  • 2 財産調査(預貯金、不動産の調査)
  • 3 財産目録作成、(署名押印前の)遺産分割協議書の作成
  • 4 相続手続き(遺産分割協議書に署名押印、預貯金の解約、不動産の名義変更)

まず、1及び2の段階では、例えば、妻が窓口となり、妻を相続人代表者として、たまき行政書士事務所と契約をします。あとは、妻の方の委任に基づき、たまき行政書士事務所で、戸籍収集と財産調査を行います。

次に、3の段階では、たまき行政書士事務所で財産目録作成をし、(署名押印前の)遺産分割協議書の作成もいたします。

相続人の一人が海外に住んでいる場合に問題となるのは4の段階です

海外に住んでいる方は印鑑登録証明書が作成できない?

重要な契約に必要な印鑑登録証明書重要な契約をするときは、実印で押印します。相続手続きも、銀行などの金融機関、不動産登記移転の際には、実印で押印をします。その際に、添付する必要のある書類として印鑑登録証明書(通称、印鑑証明書)です

印鑑証明登録書を発行してもらうには、まず、印鑑登録をお住まいの自治体でする必要があります。(写真は、札幌市の印鑑登録証と印鑑登録証明書です。)

現在、日本にお住まいの方でしたら、相続の発生時点で印鑑登録をしていなくても、これから印鑑登録をお住まいの自治体(住民票を発行してくれる役所)で申請をすれば通常は、即日登録が完了し、印鑑登録証明書も発行してくれます。

ところが、海外にお住まいの方、上記の例でいうとハワイ(アメリカ合衆国)に在住の方は、原則として日本に住民票がありません。また、住民票がないと印鑑登録ができませんそのため、印鑑証明に代わる証明が必要になります

それが、サイン証明(別名、署名証明)というものです

サイン証明(署名証明)の方法

サイン証明は、

  • ①大使館あるいは領事館の館内で大使館の方がいる場所で、遺産分割協議書にサイン(署名)し、本人が署名したことの証明を大使館又は領事館の方に確認してもらい、
  • ②サイン証明書を遺産分割協議書に張り付けてもらう

ことによって日本の印鑑証明書と同様の効果が得られます。

在留証明書も必要。在留証明書の取得の仕方

在留証明書は、海外にいる方でしたらすでに取得をしたことがあるかもしれません。“確かにこの方は、海外(例でいうと、ハワイ)に住んでいます”という証明です。サイン証明とは、性質が異なるので、この在留証明書も遺産分割協議書に必要となります。

日本でいうと、住民票のようなものです

まとめ

このように相続人の一人が海外にいると少し複雑な手続きになりますので、専門家に任せることがお勧めです。そして、相続人の一人が海外にいる場合の相続手続きを経験したことのある専門家に依頼すると良いと思います。

相続の専門家でも、相続人が海外にいる場合の相続は、経験したことがないという方もいます。代表行政書士の田巻は、東京都と神奈川県で多くの海外に住む方の相続手続きを経験しておりますので、安心しておまかせください

たまき行政書士事務所では、海外に相続人がいる方の相続手続きについてスムーズに対応することができます。ぜひ一度ご相談ください。
少々通常よりは難しいケースになりますが、追加料金なく対応させていただいております。詳しくは安心の費用をごらんください
平日にご予約いただけば、土日の訪問も可能です。お気軽にお問い合わせください。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などでの無料相談を希望する
事務所での無料相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
(※市までで結構です。) 必須

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談も可能です)

たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。旭川市・稚内市・名寄市・富良野市・留萌市、札幌市・苫小牧市・小樽市・江別市・千歳市、釧路市・帯広市・北見市・音更町・網走市、函館市・北斗市・七飯町・八雲町・森町など道内全域出張対応

無料訪問相談のご予約やご質問等は お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

メールフォーム

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

旭川市・稚内市・名寄市・富良野市・留萌市など道内全域出張対応
札幌市・苫小牧市・小樽市・江別市・千歳市など道内全域出張対応
釧路市・帯広市・北見市・音更町・網走市など道内全域出張対応
函館市・北斗市・七飯町・八雲町・森町など道内全域出張対応
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
旭川市、札幌市、釧路市、函館市など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)

事務所情報を詳しく見る