もし依頼した場合、相続手続きに必要な戸籍は自分で集める必要があるのですか?

相続のよくあるご質問
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

いいえ、お客様は戸籍を自分で集める必要はありません

行政書士がお客様に代わって、職権で相続手続に必要なすべての戸籍や戸籍の附票(相続人の本籍地や住所が記載してあるもの)を集めます

たまき行政書士事務所は、相続専門の行政書士事務所ですので、過不足なく最短ルートで相続に必要な戸籍をお客様に代わって揃えることができます。

行政書士が職権で戸籍を取得します

行政書士は、書類作成の専門家であり、書類作成には根拠となる役所の資料が不可欠です。

そのため、行政書士は“職務上請求書”という行政書士専門の請求書を使い、職権でお客様に代わって戸籍や戸籍の附票を集めることができます。

この職務上、専用の請求書で戸籍を請求できるという制度は、法律に詳しく、倫理観の強い国家資格者であれば戸籍を不正に使用しないという信頼を前提に成り立っている制度です

大切な個人情報を厳格に扱いつつも、お客様の便宜のため、行政書士が職権で素早く相続に必要な戸籍をすべて集めます

相続に必要な戸籍を過不足なく揃えます

相続に必要な戸籍は、現在の戸籍(正式には、戸籍全部事項証明書)、平成改製原戸籍、除籍、昭和改製原戸籍など各種あります

通常の生活をしていると、現在の戸籍は、取得することはあっても、過去の戸籍を遡って取得することはあまりないと思いますので、慣れていない方が戸籍を集めようとすると少々苦労することがあります。

戸籍は、本籍地の役所でのみ発行しておりますので、過去の本籍地が例えば、東京の八王子市にあれば、北海道のお住まいから八王子市にまで郵送で戸籍を請求する必要があります。

また、郵送で請求する際には、郵便小為替(郵便局で50円単位で販売しております)という小切手のようなものを現金の代わりに入れる必要がありますので、郵便局に買いに行く手間もかかります

たまき行政書士事務所は、相続専門の行政書士事務所ですので、過不足なく最短ルートで相続に必要な戸籍をお客様に代わって揃えることができます

相続手続きに数多くの戸籍が必要とされる理由について

相続手続は、戸籍を集めることによって相続人が何人いるかそれは誰々かということを調査するところから始まります

このように複雑で難しい戸籍を相続手続きにおいて、銀行に求められるのにはいくつか理由があります。

実務上において、戸籍を完璧に揃える必要がある一番の理由としては、銀行の手続き書類や遺産分割協議書が無効とならないようにためであると思います。

遺産分割協議の際に一人でも相続人が欠けているとその遺産分割協議は無効となります

そのため、後で無効となり、後でトラブルに巻き込まれないように、銀行自らお客様が取得した戸籍を分析して、相続人が何人であるか、誰であるかを確認する必要があります。

相続手続きに必要な戸籍の範囲

相続人となるパターンが3つありますので、パターンごとに分類します。

亡くなった方は、相続の分野においては、“被相続人”と呼びますので、以下、被相続人と表現します。

被相続人に子供がいて、相続人が配偶者と子の組み合わせの時に必要な戸籍

  • ⅰ 被相続人の出生~死亡までの戸籍
  • ⅱ 子の出生~現在までの戸籍

※ 配偶者がいない(死亡・離婚)場合でも子がいれば同様の範囲の戸籍となります。
※ 被相続人の子が先に死亡していた場合には、子のさらに子が相続人となります(代襲相続)。このときは、子のさらに子の出生~現在までの戸籍も必要となります。

被相続人に子供がいない場合で、相続人が配偶者と尊属(父・母、父・母が死亡していれば祖父・祖母)〕…いわゆる“尊属相続”の場合

  • ⅰ 被相続人の出生~死亡までの戸籍
  • ⅱ 被相続人の尊属(父・母)の現在までの繋がりの戸籍

※仮に、被相続人の父・母がどちらも死亡していて、被相続人の祖父あるいは祖母の方が生きている場合には、祖父あるいは祖母の現在までの繋がりの戸籍が必要となります。
※配偶者がいない場合でも、尊属が生存していれば同様の範囲の戸籍となります。

被相続人に子供がいない場合で、相続人が配偶者と被相続人の兄弟姉妹の場合〕…いわゆる“兄弟姉妹相続”の場合

  • ⅰ被相続人の出生~死亡までの戸籍
  • ⅱ被相続人の父・母の出生~死亡までの戸籍
  • ⅲ祖父・祖母の死亡が確認できる戸籍
  • ⅲ被相続人の兄弟姉妹の出生~現在までの戸籍

※仮に、被相続人の兄弟姉妹がすでに死亡していた場合には、兄弟姉妹の子が代襲相続人となりますので、被相続人の兄弟姉妹の子の現在までの繋がりの戸籍が必要となります。

 

以上が相続手続きに必要な戸籍のパターンとなりますが、まだわかりにくいと思いますので、その際は、無料訪問相談の際に詳しくお尋ねください

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

相続に必要な戸籍が集まった後について

たまき行政書士事務所では、相続手続きに必要な戸籍が揃った後は、法定相続情報一覧図の写しというものを必ず、管轄の法務局に申請し、複数枚取得しています

法定相続情報の写しについてくわしくは、法定相続情報証明制度とはどのような制度ですかをご覧ください。

法定相続情報一覧図の写しを用いると、銀行解約や不動産登記の際に、相続に必要な戸籍の束を提出することなく、たった一枚提出するだけで良くなります。

法定相続情報一覧図の写しを取得して、手続きを進めると、結果として、相続手続きが早く正確に行うことができるというメリットがあります

相続手続きにお困りですか?専門家に無料で相談できます

行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

たまき行政書士事務所では、相続に必要な戸籍の収集が迅速に過不足なく取得できます

当事務所は、札幌市中央区に事務所がありますので、札幌近郊の方でしたら、当日1~2時間後にでも訪問相談が可能です

札幌近郊の方以外でも、北海道内であれば、先約がなければ翌日の訪問相談が可能です

平日に御予約いただけましたら、土日の訪問も可能です。

まずは、お気軽にお電話ください。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などで対面の無料相談を希望する
事務所(札幌)で対面の無料相談を希望する
無料テレビ電話相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
※市町村までで結構です 必須

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る