遠方に故人の戸籍がありますが、取り寄せはどのように行うのでしょうか。また、その自治体は市町村合併によりいまは存在しないのですが、どうすればよいですか?

相続のよくあるご質問
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

郵送で取り寄せることが可能です。郵送での戸籍取り寄せの方法を具体的に、下記に書きましたのでよろしければご参照ください。

平成の大合併で北海道内でも多くの市町村が合併により消滅していますが、その場合でも合併先自治体に請求することにより戸籍の取り寄せが可能です

お仕事で忙しく手間がない、専門家にお任せしてストレスを無くしたいという方は、相続専門のたまき行政書士まで電話メールもしくはラインにてお気軽にお問合せください。

相続・遺言でお困りですか?
お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

LINEで連絡する

受付時間 24時間

メールで連絡する

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

遠方に故人の戸籍がある場合の取り寄せ方法

遠方に戸籍(本籍地の戸籍)がある場合には、その遠方の自治体に郵送で戸籍を請求することで戸籍の取り寄せが可能です

具体例を挙げると、北海道苫小牧市に戸籍がある場合、

ヤフーやグーグルのインターネット検索で「苫小牧市戸籍郵送」と検索すると一番上に、苫小牧市が作成した該当の記事が出てきます。

その記事から、郵送先の住所、宛名、郵送用の戸籍請求用紙(ダウンロードし印刷して利用できます、交付申請書という名称になっていることもあります)、戸籍や戸籍の附票、住民票の除票の料金などほとんどの情報をつかむことができます

具体的には、苫小牧市は、住所が、苫小牧市旭町4丁目5番6号、宛名が苫小牧市役所住民課住民係、交付申請書が見つかりました。

交付申請書には、戸籍、原戸籍、除籍○通という欄がありますが、相続の場合、何枚あるかは、事前にはわからないので、欄外に「出生から死亡まで苫小牧市にある戸籍すべてお願いします」と記入すると役所の方も状況がすぐに把握できます。

郵便局で郵便定額小為替を購入します。具体的には、450円の郵便定額小為替1枚、750円の定額小為替を3枚ほど、300円の郵便定額小為替1枚(戸籍の附票または除票用)を入れると良いでしょう。定額小為替は1枚取得するのに手数料として100円かかります。

※ 750円の定額小為替を3枚ほどとした理由は、除籍や原戸籍という戸籍は、いずれも交付手数料が750円であり、複数枚あるとすると除籍や原戸籍という戸籍のみ複数枚となるからです。多くの場合、3枚を入れておけば、足りないということがありません

450円の定額小為替1枚の理由は、例えば、お亡くなりになった方の戸籍に、配偶者や子供がいる場合、戸籍全部事項証明書という名称の戸籍なので、450円で足ります。

普通郵便94円切手(送付用)を張った封筒に、ⅰ普通郵便120円切手(返送用)を張った封筒を入れてⅱ交付申請書とⅲ身分証のコピーと④で紹介したⅳ定額小為替を必要枚数入れて送付します

市町村合併がされて当該自治体がない場合

該当自治体がない場合、具体的には、ヤフーやグーグルなどの検索サイトで、前の自治体の名称を入れて検索すると良いでしょう。多くの場合、Wikipediaのサイトが一番上に出て来て、合併後の自治体がWikipediaで判明します。

その判明した自治体の窓口や郵送で戸籍を請求すると良いです

例えば、北海道内でいうと、以前からカーリングで有名だった常呂郡常呂町という自治体が、現在は、北見市になっております。そのため、本籍地が、常呂郡常呂町〇〇というところであれば、北見市常呂町と現在はなっておりますので、北見市に戸籍を請求すれば良いです。

※ 先日、平昌オリンピックで銅メダルを取得したロコソラーレというカーリングチームも旧常呂郡常呂町を現在も本拠地としていますが、現在は、合併後の名称の北見市を拠点とするカーリングチームとして全国的に有名になりました。

北海道の平成の市町村合併について

小泉純一郎氏が総理をしていた2003年~2006年前後をピークに、多くの自治体で平成の市町村合併が行われました。北海道でも本州の自治体と同様に市町村合併が行われ、北海道では、212市町村あった自治体が179市町村にまで減少しました北海道のホームページ参照)。

北海道では、自治体が大きな自治体に吸収される形と小さな自治体が寄り添い一つの自治体となったという2つの形で、合併が行われました。

遠方や市町村合併された自治体の戸籍の収集や相続手続きにお困りの方はお気軽にご相談ください。

遠方の戸籍の取得方法、市町村合併で消滅した自治体の戸籍の取得方法は、以上で説明した通りとなりますが、それでもお仕事で忙しく手間がない、専門家にお任せしてストレスを無くしたいという方は、相続専門のたまき行政書士までご相談ください

相続に詳しい行政書士が、迅速に過不足なく、相続に必要な戸籍を集め、相続手続きの一切をお任せいただくことができます。

平日にご予約いただけましたら、土日の訪問相談が可能です。また、平日夜間のご相談や、お問合せ当日のご相談も先約が無ければ可能です。

まずは、お気軽に電話メールラインにてご連絡ください。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などでの無料相談を希望する
事務所(札幌)での無料相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
(※市町村までで結構です。) 必須

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談のご予約やご質問等は お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

LINEで連絡する

受付時間 24時間

メールで連絡する

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る