相続人が子供のみの場合、どのように遺産を分ければ良いですか?

相続のよくあるご質問
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

相続人様同士(子供の立場の方同士)で自由に分けることが出来ますが、話し合いが難しい場合には、プラスの相続財産からお亡くなりなった方に関する諸費用を引いた残額について均等に分けるのがよいと思います

相続でお困りの方については、札幌及び北海道の相続案件については、たまき行政書士事務所に一度ご相談ください

仮にご依頼となった場合、報酬も抑えられて円満にスムーズに解決できる確率が高くなると思います。

まずはお気軽に、お電話メールラインにてお問い合わせください。

LINEビデオやZOOM、Skypeを利用した無料テレビ電話相談も実施しております。

紛争性のない相続人関係であれば、遺産分割は自由の原則

遺産を分ける際に、法律に規定されているいわゆる“法定相続分”で必ずしも分ける必要はありません

民法には、法定相続分という規定がありますが、法定相続分通りに分けなくても、ご家庭のご事情に適した分割方法で全く問題がないです

もっとも、どのように分けてよいかわからないという場合には、法定相続分を一つの目安として分割の話合いをするとよいでしょう。

相続人が故人の子供のみの場合、結果的に均等配分になることが多い

例えば、今回の質問内容のように子供のみが相続人の場合、法定相続分は、2人であれば、2分の1ずつ、子供が3人いれば、法定相続分は3分の1ずつとなります。

つまり、子供のみが相続人の場合、均等配分という分け方が民法で規定するいわゆる“法定相続分”となります。

ケース 相続人が子供のみ。長男、二男、長女の3名の構成の場合

もっとも、お亡くなりになった子供でもそれぞれ、親からの援助の多い少ないがあるでしょう。

具体的には、

  • 長男は大学に進学してお金がかかっていたが、二男は、高校卒業とともに、働いていたので、大学進学のお金がかかっていなかった。
  • 長男、二男は、未婚だが、長女は、結婚していて、結婚式の費用を出してもらっていた。

など、過去に遡ると金銭的に親から3名とも平等の援助をしてもらったというのは、むしろ稀といえます。

また、長男は、親元で介護などをしていたが、二男は、遠く離れたところで暮らしていたので、親の介護はしていなかったという違いもよくあるケースです。

このような過去のことを遡るときりがないため、特に紛争性のない相続人様同士では、死亡日の財産を基準として、そこから諸費用を引き、均等配分するというのがもっとも多い事例と言えるかもしれません。

故人(親)に不動産がある場合の分け方

紛争性が特にない相続人様が子供のみのケースで、故人(親)に不動産がある場合、分け方をどうしてよいのか相続人様同士で悩むことがあります。

不動産がある場合も、遺産分割は、相続人様同士の自由に行えます

例えば、

  • ⅰ. 不動産は、別個として、他を法定相続分で均等に分けるか
  • ⅱ. 不動産も含めて法定相続分で分けるか

なども自由に相続人様同士で決めることができます。

一般論として、不動産は一人が相続した方がよい

不動産も含めて法定相続分を目安として遺産分割する場合、不動産を共有にするのか、単独所有とするのかが問題となります。

結論としては、不動産については、相続人様お一人に単独所有とする方が良いです。相続の実務では、単に法定相続分通りの共有とするとトラブルや煩雑になる元となりますので、基本的に、不動産については、単独所有の相続登記をするとよいでしょう。

多くの事例では、一緒に住んでいる、近所に住んでいるなどの事情があれば、その方(子供の一人)が単独で不動産を相続することが一般的です。

相続した新所有者は、不動産について、維持や管理をする必要があるからです

売却をするときも、一人所有者の方が不動産業者の方と単独で契約できますので、スムーズに売却できます。

北海道の不動産が相続財産にある事例での遺産分割

北海道の不動産は、東京23区や横浜市と比べ、土地の価格が極端に高いことはほぼありません

住宅街の一軒家であると、札幌市以外の約50坪の土地の評価額は、300万円程度が一般的な値段といったところです。

札幌市の場合同じ50坪の土地で1000万円程度までになることがありますが、1億円などという極端に高くなることは皆無といえます。

そのため、たまき行政書士事務所で担当する北海道内のお客様で、不動産の相続する一人を誰にするかで揉めるようなことはほぼありません

故人(父親)の相続財産が、北海道恵庭市の自宅土地建物、預貯金の構成の場合

  • 自宅土地建物(不動産)評価額 450万円
  • 預貯金 計900万円
  • 相続人構成子供のみ(長男、二男、長女)の場合
  • 長男は、故人(父親)と同居。故人の妻は、故人より先に他界していた。
  • 相続人構成としては、長男、二男、長女

という状況とします。

不動産を含め均等にする分け方の場合

相続財産 計1200万円

  • 長男 自宅土地建物のみ(450万円の評価額のものを取得)
  • 二男 預貯金のみ 450万円
  • 長女 預貯金のみ 450万円

で遺産分割となります。

不動産を除き均等で分ける場合

相続財産 計1200万円

  • 長男 自宅土地建物(450万円の評価額のものを取得)+預貯金300万円
  • 二男 預貯金のみ 300万円
  • 長女 預貯金のみ 300万円

で遺産分割となります。

分け方について相談したい場合には、無料相談をご利用ください

今回は、相続人が子供のみの場合の分け方の参考となるような記事を書きましたが、相続の実務ではご家庭ごとにもっと複雑な事情を抱えている方が多いです

身内の相続手続きは、滅多に経験することのないものですので、どのように進めてよいのかわからない場合には、一度相続に詳しい専門家に相談してみると良いでしょう

たまき行政書士事務所でも、初回無料訪問相談を行っております。もちろん事務所でのご相談も可能です。

相続でお困りの方については、札幌及び北海道の相続案件については、たまき行政書士事務所に一度ご相談ください

仮にご依頼となった場合、報酬も抑えられて円満にスムーズに解決できる確率が高くなると思います。

土日、平日夜間の訪問相談もしております

平日にご予約いただけましたら、土日や平日夜間のご相談もお受けしております。

だれに相談して良いのかわからない、ずるずると相続発生から何年も経ってしまった、地元の行政書士や司法書士に相談したが、解決しなかったなどお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください

お電話メールラインにてご予約をお受けしております。

テレビ会議相談も行っております

令和2年3月以降新型コロナウィルスの影響で面会でのご相談もしばらく控えたいというお客様もいらっしゃると思います。

対面でのご相談よりもテレビ会議でのご相談を希望される方については、ZOOMなどのツールを利用したテレビ会議相続相談(オンライン相続相談、リモート相続相談)が可能です。

テレビ会議相続相談は、出張訪問相続相談と同品質で時間をかけて行っております。

事前にご予約を行っていただければ、初回1時間相続や遺言のご相談を無料でお受けしております。

無料テレビ会議相続相談のあとそのままご依頼をしたいとご希望のお客様については、そのままスムーズにご契約を行うことも可能です。

テレビ会議ですので、インターネット環境が整っていれば、北海道の離島(利尻島など)の方や東京都、神奈川県の方など遠方の方もご相談可能です。

テレビ会議相続相談の方については、北海道以外の遠方の方でも、ご依頼をお受けすることが可能です

まずは、お気軽にお電話メールラインにて、テレビ会議相続相談についてもお問い合わせください。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市北区北32条西5丁目3-28
    SAKURA-N32 1F
    011-214-0467(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    地下鉄南北線:北34条駅(3番出口)から徒歩1分

事務所情報を詳しく見る

相続遺言YouTube教室 随時更新中!

行政書士田巻裕康による相続・遺言に関する解説動画をYouTubeにて公開中。一般のお客様はもちろん、相続実務を行ったことのない行政書士の方もぜひご活用ください。