未支給年金は、遺産分割協議の対象となる財産(相続財産)なのでしょうか?

相続のよくあるご質問
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

いいえ。未支給年金は、遺産分割協議の対象となる財産(相続財産)ではありません

基本的には、同居の親族(配偶者様など)が受け取る権利のある固有の財産といえます。

相続が発生すると、相続人様を中心に行うことがかなり多くあります。

相続全般でお困りの際には、たまき行政書士事務所までお気軽にお電話メール、もしくはラインにてご連絡ください。

相続で問題となることがある未支給年金

年金を受給している世代の方がお亡くなりになると、必ず、未支給年金が発生します。これは、年金の受給が後払いの性質があるからです。

例えば、令和1年7月30日にお亡くなりになった方の年金は、令和1年8月15日に銀行等の口座に振り込まれます。

令和1年8月15日に支払われる年金は、令和1年6月分と7月分の2カ月分ですので、生前に未だ支給されていなかった年金といえますので、“未支給年金”となります。

この未支給年金分は、年金という言葉が印字されますので、他の預貯金とは区別できます

この未支給年金分は、相続財産とはならず、未支給年金を受領する権限のある、同一生計の方のみが受領できます

そのため、遺産分割協議の際は、この未支給年金を除いた額について遺産分割協議をすることとなります。

年金の受給者が死亡後、年金受取口座となる銀行等に相続人やその代理人の方が死亡の連絡を入れていなければ、口座が凍結されることはありません

そのため、結果として口座が凍結される前に年金支給日がくれば、未支給年金の請求をしなくても相続人様が銀行口座を遺産分割協議後解約する際に、一緒に受領できてしまう形となります

外形的には、単にお亡くなりになった方の相続財産にも見えるので、未支給年金分も相続財産のように見えます。

しかし、お亡くなりになった方と同一生計の親族のみ受領できる性質のものなので、相続財産ではなく、未支給年金を受領することができる方の固有の財産といえます

受取人の記載のある死亡保険金が、受取人の固有の財産という理論と同様といえます。

また、余談になりますが、亡くなった方の年金受給口座に死後支給されてしまった年金額も未支給年金と表現することがあります。

お亡くなりになった方からみた表現でいうと、やはり未支給だった年金なので未支給年金と表現するのもおかしくはないといえます。

未支給年金の請求は、だれがどこにすれば良いのか

未支給年金は、未支給年金を受け取る権利のある方(同居の親族等)が、年金事務所もしくは、街角の年金相談センターに、受給者死亡届(報告書)と未支給年金・未支払給付金請求書を提出します

詳しくは、日本年金機構のホームページに記載があります。

特に、受給者死亡届(報告書)については、報告が遅れると年金の過払いなどが生じることがありますので、ルール通り、死亡から国民年金は14日以内、厚生年金は10日以内に行うのが良いでしょう(日本年金機構にマイナンバーが収録されている方は受給者死亡届(報告書)を省略できます)日本年金機構HP参照

ただし、なかなか大切な方がお亡くなりになって、悲しみの中すべて原則通りの期日に届け出ることができるとは限りません。

その際は、あとで過払いとなった年金分を返金したりすることも制度上できますので、死亡届の提出が遅れてしまった場合には、お近くの年金事務所又は街角年金相談センターもしくは“ねんきんダイヤル”に相談するとよいでしょう

相続全般についてお困りの際は、お気軽にご相談ください

相続が発生すると、

  • 戸籍収集
  • 財産調査
  • 銀行相続手続き
  • 不動産相続手続き
  • 各種届出
  • 遺産分割協議書について

など、相続人様を中心に行うことがかなり多くあります。

特に、銀行手続きと不動産手続きについては、手続き自体が複雑で厳格な資料を要求されますので、相続全般でお困りの際には、一度たまき行政書士事務所までご相談ください

平日にご予約いただけましたら、土日や平日の夜間も相続の出張相談が可能です。

相談料は無料です。行政書士が移動に係る費用も無料ですので、まずは、お気軽にお電話メール、もしくはラインにてご連絡ください。

無料相談の後、手続きを依頼したいといった場合には、費用を明確にしております。

詳しくは安心の費用をご覧ください

手続きをお任せしたいと思っているというお客様もまずは無料相談または無料テレビ電話相談をご利用ください

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などで対面の無料相談を希望する
事務所(札幌)で対面の無料相談を希望する
無料テレビ電話相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
※市町村までで結構です 必須

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る