子供(独身、子供なし)が先に亡くなった場合、相続人は誰になりますか?

相続のよくあるご質問
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

子供が親よりも先に亡くなった場合、相続人はお亡くなりになった方の親が相続人となります。両親が生存していれば、両親(2人)が相続人となり、片方の親が生存している前には、その片方の親一人が相続人となります。

相続の事案は、一例として同じ事情はなく、100件の相続があれば、100件のご事情があります。相続人は誰かについても、相続の発生時期、他の相続人の生死のタイミングで変化することがあります。

たまき行政書士事務所は相続や遺言の専門事務所ですので、相続人はだれか、相続手続きの期間の予想や相続手続きの難易度などスムーズにご説明することが可能です。

まずは、お気軽にお電話メールラインにてお問合わせください。

LINEビデオやZOOM、Skypeを利用した無料テレビ電話相談も実施しております。

相続の順位

相続人の順位は、民法(887条~890条)という法律で定められております。

民法887条から890条をまとめ、かみ砕いて説明してみます。

配偶者は常に相続人

お亡くなりになった方(被相続人)に、配偶者(妻や夫)がいれば、配偶者は常に相続人となります。配偶者は、あとで説明する順位の方が第一順位か、第二順位か、第三順位かなど無関係に、常に相続人の一人となります。

子供がいれば子供は第一順位の相続人

お亡くなりになった方(被相続人)に、子供がいれば、子供が第一順位の相続人にとなります。

第一順位の相続人がいない場合で、親が生存している場合、親が第二順位の相続人

お亡くなりになった方(被相続人)に、子供がいなく、親が生きていれば、親が第二順位の相続人となります。

第一順位、第二順位の相続人がいない場合で、兄弟姉妹がいれば兄弟姉妹が第三順位の相続人

お亡くなりになった方(被相続人)に、子供がいなく、親が二人とも死亡していた場合には、兄弟姉妹{その兄弟姉妹が被相続人より先に死亡していた場合には、その子供(被相続人からみて甥や姪)}が第三順位の相続人となります。

※ 順位が先の相続人が出てきた場合、後順位の相続人が相続人となることは基本的にありません。例外的に、先順位の方全員が家庭裁判所へ相続放棄の申述をし、全員の相続放棄が受理された場合、後順位の相続人が相続人となります。

(子及びその代襲者等の相続権)
第八百八十七条 被相続人の子は、相続人となる。
 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。
第八百八十八条 削除
(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)
第八百八十九条 次に掲げる者は、第八百八十七条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
 被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
 被相続人の兄弟姉妹
 第八百八十七条第二項の規定は、前項第二号の場合について準用する。
(配偶者の相続権)
第八百九十条 被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第八百八十七条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

民法

親よりも先に子供が死亡した場合

先ほど解説した相続人の順番のルールにより、子供に自身の子供(第一順位)がいた場合には、親は相続人とならないですが、子供が独身で自分の子供がいなかった場合には、親(第二順位)が相続人となります

よくお間違えになるお問い合わせ

独身で子どもがいない方が亡くなった場合、兄弟である自分が相続人ではないだろうかとの問合せを受ける事があります。

しかし、親の方が生きている場合、答えは、NOとなります

親が生きている場合、親が100%相続財産を受け取る権利があります

兄弟姉妹(第三順位の相続人)は、被相続人の親(第二順位)が生きている場合、親の方が先順位で、兄弟姉妹の方は、後順位のため、結論としては相続人にはあたらないということとなります。

長時間の経過により相続人が変化するので注意です

被相続人の死亡時には、相続人であった方が、被相続人の後死亡するなどして相続人の構成や人数が変化することがしばしばあります。

例えば、今回取り上げた被相続人(独身、子供なし)の例で、相続人が親のみであった相続が発生し、相続手続きをしばらくせずに数年放置した場合、相続人である親自身が死亡してしまうことがあります

この現象を複数の相続が順に発生したということで、“数次相続が発生した”と表現することがあります。

数次相続が発生した場合、被相続人(独身、子供なし)の方の相続人は、親であることに変わりないのですが、親は死亡してしまい手続きができないので、結局は、被相続人からみて兄弟姉妹が数次相続人として署名押印することとなります

佐藤家という例を挙げて説明してみます。

佐藤家の例

佐藤家の長男佐藤一郎さんが今回死亡し(被相続人)、母佐藤花子さんが一人相続人となったとします。その1年後、相続手続きの着手前に、母佐藤花子さんが死亡したと仮定します。

このような数次相続が発生した場合、長男佐藤一郎さんの相続手続きを進めるにあたり、佐藤花子さんは死亡してしまっているので、佐藤花子さんの相続人である二男佐藤二郎さんと、三男佐藤三郎さんが数次相続人となります。

これは、第三順位の方の相続の順位が繰り上がったというわけではありません数次相続が発生して結果的に、兄弟姉妹に相続する権利が発生したということとなります。

今回の署名押印する地位としては、“相続人兼被相続人 佐藤花子の相続人 佐藤二郎 、佐藤三郎”となります。

相続人は誰になるか不明な場合などお気軽にご相談ください

相続の事案は、一例として同じ事情はなく、100件の相続があれば、100件のご事情があります。相続人は誰かについても、相続の発生時期、他の相続人の生死のタイミングで変化することがあります。

また、長期間ある一人の方の相続を放置してしまうと、次の相続が発生してより難しい相続手続きになることもありますので、相続が発生したらなるべく早く(できれば1か月以内)に相続手続きの準備や相談をした方がよいでしょう

たまき行政書士事務所は相続や遺言の専門事務所ですので、相続人はだれか、相続手続きの期間の予想や相続手続きの難易度などスムーズにご説明することが可能です。

  • なにをどうしてよいかわからない
  • 誰にまず相談すべきかどうかわからない
  • 地元で相続を扱う事務所に相談したけれどもいまいち理解が出来なかった

などのことがございましたらお気軽にご相談ください。

平日夜間、土日の訪問も可能です

たまき行政書士事務所では、お客様が一番リラックスできるご自宅にてご相談をお勧めしております。もちろん、北区にある事務所内での相続のご相談も可能です。

平日にご予約いただけましたら、土日の訪問も可能です。また、お仕事でお忙しい方については、平日の夜間のご相談もお受けしております。

まずは、お気軽にお電話メールラインにてお問合わせください。

テレビ会議相談も行っております

令和2年3月以降新型コロナウィルスの影響で面会でのご相談もしばらく控えたいというお客様もいらっしゃると思います。

対面でのご相談よりもテレビ会議でのご相談を希望される方については、テレビ会議相続相談(オンライン相続相談、リモート相続相談)が可能です。

テレビ会議相続相談は、出張訪問相続相談と同品質で時間をかけて行っております。

事前にご予約を行っていただければ、初回1時間相続や遺言のご相談を無料でお受けしております。

無料テレビ会議相続相談のあとそのままご依頼をしたいとご希望のお客様については、そのままスムーズにご契約を行うことも可能です。

テレビ会議ですので、インターネット環境が整っていれば、北海道の離島(利尻島など)の方や東京都、神奈川県の方など遠方の方もご相談可能です。

テレビ会議相続相談の方については、北海道以外の遠方の方でも、ご依頼をお受けすることが可能です

まずは、お気軽にお電話メールラインにて、テレビ会議相続相談についてもお問い合わせください。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市北区北32条西5丁目3-28
    SAKURA-N32 1F
    011-214-0467(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    地下鉄南北線:北34条駅(3番出口)から徒歩1分

事務所情報を詳しく見る

相続遺言YouTube教室 随時更新中!

行政書士田巻裕康による相続・遺言に関する解説動画をYouTubeにて公開中。一般のお客様はもちろん、相続実務を行ったことのない行政書士の方もぜひご活用ください。