長男の自分が実家の土地建物を相続することになりますが、自分はマイホームがあるので実家に住む予定はありませんがどうすればよいですか?

相続のよくあるご質問
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

ご実家の状況により方法は異なりますが、ご事情を十分お聞きした上で、相続手続き完了後、不動産専門家等を無料でご紹介いたします

たまき行政書士事務所では、行政書士田巻が代表を務める“一般社団法人 北海道相続出張サポートセンター”のネットワークで、単に相続手続きだけではなく、不動産売却、自動車の売却など相続に関するあらゆるご相談をお受けしております

まずは、お気軽にお電話メールラインでお問合せください。

LINEビデオやZOOM、Skypeを利用した無料テレビ電話相談も実施しております。

住む予定のない家を相続した時のサポートについて

住む予定のない家を相続した時のサポートは、主に三つあります。

  • ⅰ. お客様の相続した事案にとって、最適な不動産会社(売却、賃貸、管理)のご紹介
  • ⅱ. 遺品整理業者さんの紹介
  • ⅲ. 土地家屋調査士さんの紹介

です。

具体的なサポート事例

事例1 一人暮らしの母が亡くなり(父はすでに亡くなっている)、家の中に物があふれていた場合

まず、たまき行政書士事務所と提携する司法書士とで、自宅土地建物の相続手続き(名義変更手続き)をいたしました。
次に、物を整理しないと家が存在するまま売却できないので(正確には、家の中に物があふれていると買い手の購入意欲が減少してしまうため)、遺品整理業者を紹介いたしました。
さらに、物が無くなったきれいな状態で不動産会社の方に査定してもらいます。このとき周囲の環境や、前方道路の幅、私道か公道かによって売り方は異なりますので、ベストの方法を提案できる経験の多くある不動産業者の方をご紹介しています
査定が出ましたら、一般的な
  • ⅰ. 仲介による方法で家を売るのか
  • ⅱ. 不動産会社の方に買取をしてもらうのか
  • ⅲ. 貸せる状態の建物であれば賃貸に出すか
を検討し、お客様の状況にあった方法でご実家を売却、利用活用することになります

売却をスムーズに決めるかは、不動産会社様の技術によりますので、信頼のできる不動産会社様を選ぶことがポイントです
たまき行政書士事務所でご紹介した事例では、多くの場合、2か月以内に売却先が決まっており、大変喜ばれることが多いです。

事例2 長男の自分が実家に移り住みたいが、建物が未登記であった場合

北海道では、未登記の建物が関東圏に比べ多いのが特徴です。現金で購入された場合に、未登記となっていることが多いです。

もっとも、土地は、多くの場合、登記がされております。

銀行から住宅ローンを組む場合には、自宅土地建物の抵当権を設定されることが通常で、その場合、自宅建物は必ず所有者名義で登記する必要があります。

そのため、まだ住宅を安く建てることができる時代に、現金で購入したということが未登記建物の発生する背景といえます

具体的な対策

まず、土地の相続手続き(土地の所有権移転登記)をたまき行政書士事務所と提携する司法書士とで行います。
次に、土地家屋調査士という測量の専門家と、たまき行政書士事務所が提携する司法書士とが連携して、未登記建物の所有権(表題登記と所有権保存登記)に関する登記をいたします。

登記をするメリット

登記をしていない状況だと、公的、対外的に権利が確定しないので、将来家を売りたくなった時に売れないあるいは、大規模修繕が必要な時にリフォームローンが借りられないなどの不利益が生じることがあります。

もっとも、国の機関である法務局(登記所)に正式な相続登記をすることで、公的に自分が所有者であることを証明できます。

また、前年の12月末日までに、登記を完了すると、翌年の4月あるいは5月の連休明けには、正式に所有者の名前で固定資産税納税通知も自動的に届きますので、納税者の変更もスムーズに行えます

相続した後の売却をお考えの場合はたまき行政書士事務所にご相談ください

たまき行政書士事務所では、行政書士田巻が代表を務める“一般社団法人 北海道相続出張サポートセンター”のネットワークで、単に相続手続きだけではなく、不動産売却、自動車の売却など相続に関するあらゆるご相談をお受けしております

まずは、お気軽にたまき行政書士事務所まで、お電話メールもしくはラインにてお問合せください。

土日や平日夜間のご相談も可能です

たまき行政書士事務所は、札幌市中央区にありますが、札幌近郊の方ですと、予定が空いていれば当日にでも訪問による相続に関する相談、事務所での相続のご相談が可能です

その他、函館市などの道南、帯広市など道東、旭川市など道北の方でも、できるだけ早い日程で調整をして訪問相談いたします。

もちろん、札幌市中央区にあるたまき行政書士事務所内でも、相談が可能です。

事務所案内については、「地図・アクセス」をご覧ください。

まずは、お電話メールラインにてお気軽にご相談ください。

テレビ会議相談も行っております

令和2年3月以降新型コロナウィルスの影響で面会でのご相談もしばらく控えたいというお客様もいらっしゃると思います。

対面でのご相談よりもテレビ会議でのご相談を希望される方については、テレビ会議相続相談(オンライン相続相談)が可能です。

テレビ会議相続相談は、出張訪問相続相談と同品質で時間をかけて行っております。

事前にご予約を行っていただければ、初回1時間相続や遺言のご相談を無料でお受けしております

無料テレビ会議相続相談のあとそのままご依頼をしたいとご希望のお客様については、そのままスムーズにご契約を行うことも可能です。

テレビ会議ですので、インターネット環境が整っていれば、北海道の離島(利尻島など)の方や東京都、神奈川県の方など遠方の方もご相談可能です。

テレビ会議相続相談の方については、北海道以外の遠方の方でも、ご依頼をお受けすることが可能です。

まずは、お気軽にお電話メールラインにて、テレビ会議相続相談についてもお気軽にお問い合わせください。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などで対面の無料相談を希望する
事務所(札幌)で対面の無料相談を希望する
無料テレビ電話相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
※市町村までで結構です 必須

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る