子供がいない夫婦2人暮らしですがどのような相続の対策をすればよいでしょうか?

相続のよくあるご質問
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

一般的な相続対策としては、公正証書遺言(公正証書遺言)を作成することです

公正証書遺言は、公証人と証人2人が立ち合い作成するものですので、後で、遺言が無効となるリスクがありません

たまき行政書士事務所は、遺言や相続手続きを専門としております。自分は遺言を作成した方がよいのかとお悩みの方は、一度お気軽に無料訪問相談をご利用ください

まずは、お気軽に、お電話メールラインにてお問い合わせください。

相続・遺言でお困りですか?
お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

LINEで連絡する

受付時間 24時間

メールで連絡する

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

子供がいない夫婦の法定相続人は誰?

公正証書遺言や自筆証書遺言が無い場合、通常、法定相続人全員の合意による署名押印が必要となります。その際の、法定相続人は、死亡した方の配偶者様と死亡した方のご兄弟姉妹となります。

意外と知られていないのが、ご兄弟姉妹も法定相続人となるという点です。

また、お亡くなりになった方のご兄弟姉妹の内先にお亡くなりになっているご兄弟姉妹の方がいる場合で、そのご兄弟あるいは姉妹に子供がいる場合、つまり、甥っ子や姪っ子の方も法定相続人(代襲相続人)となります。

甥や姪が法定相続人として登場する相続手続きは、難解な相続になることが予想されます。

難解な相続になる理由としては、

  • 1. 法定相続人が多くなる
  • 2. 戸籍の取得が膨大となる(30~40通になることもあります)
  • 3. 甥っ子や姪っ子となると、面識がないまたは、面識があったとしても疎遠であり、相続の話しを円滑に進めるのが難しい

という3点が挙げられます。

兄弟姉妹及び甥や姪には遺留分減殺請求権がない

公正証書遺言で例えば、夫が「私の財産のすべてを妻に相続させる」という趣旨の遺言を作成しても、法定相続人が、子や尊属(父や母)、配偶者には遺留分減殺請求権という権利があり、一定の割合の財産を受遺者(遺言によって利益を受ける方)に請求できます。

しかし、法定相続人が兄弟や姉妹、あるいは甥や姪の場合には、遺留分を請求する権利がありません

これを反対に考えると、子供がいない夫婦の場合、配偶者様に全部相続させるという旨の遺言を残しておけば、100%思い通りの相続が実現できます(すべてご自分の配偶者様に相続させることができます)。

公正証書遺言の方が確実です

実務で遺言(ゆいごん)を作成するとき、自筆証書遺言公正証書遺言という2つの種類のものがあります。

このうち、それぞれのメリット、デメリットはありますが、法的な安定性(遺言を確実に実現できる可能性が高い)のは、公正証書遺言です

詳細は、二つの遺言を比較した記事「公正証書遺言と自筆証書遺言どちらを作成した方がよいですか?」に書いておりますが、公正証書遺言は、公証人と証人2人が立ち合い作成するものですので、後で、遺言が無効となるリスクがありません

自筆証書遺言は、その他の相続人の主張次第では、無効となるリスクがあります

そのため、たまき行政書士事務所では、公正証書遺言の作成のみ行っております

おそらく、相続に詳しい事務所であれば、その後の紛争を予防するため、公正証書遺言をお勧めするでしょう。

公正証書遺言のデメリットとしては、

  • ⅰ. 遺言を作成する方が一人では、資料収集が困難であること
  • ⅱ. 費用が掛かる

という点かと思います。

たまき行政書士事務所では、仮にご依頼を受けた際には、料金を明確にしておりますので、事前にどのくらいかかるかわかりますので、料金についてもご安心ください(料金について詳しくは「もし依頼した場合の料金は適正ですか?」をご参照ください)。

遺言を作成するか検討中の方はお気軽にご相談ください

たまき行政書士事務所は、遺言や相続手続きを専門としております。自分は遺言を作成した方がよいのかとお悩みの方は、一度お気軽に無料訪問相談をご利用ください

たまき行政書士事務所は、札幌市中央区に事務所がございますが、札幌近郊(札幌市10区、江別市、恵庭市、千歳市、石狩市、当別町、岩見沢市、苫小牧市など)はもちろん、北海道全域(道東、道北、道南)まで交通費も無料で遺言のご相談を受け付けております

平日にご予約いただけましたら、土日の訪問も行っております。また、お急ぎの方は、先約がなければ当日の遺言や相続の相談が可能です。

まずは、お気軽に、お電話メールラインにてお問い合わせください。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

どんなことでお困りですか?


自宅などでの無料相談を希望する
事務所(札幌)での無料相談を希望する

お名前 必須

ふりがな

メールアドレス 必須

電話番号 必須

住所
(※市町村までで結構です。) 必須

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談のご予約やご質問等は お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

相続・遺言の無料訪問相談はお電話(011-206-6397)またはメールにて承っております。(札幌市・旭川市・釧路市・函館市など出張対応)

受付時間 平日9時から18時

LINEで連絡する

受付時間 24時間

メールで連絡する

受付時間 24時間

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市中央区北3条西7丁目1番地
    SAKURA−N3 2F
    011-206-6397(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    JR札幌駅南口から 徒歩8分
    地下鉄さっぽろ駅(南北線から)徒歩6分
       さっぽろ駅(東西線から)徒歩8分
       さっぽろ駅(東豊線から)徒歩10分

事務所情報を詳しく見る