相続権を持っているのは誰ですか?

相続のよくあるご質問
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

お亡くなりになった方の、

  • ⅰ. 配偶者子供養子
  • ⅱ. 尊属(親または祖父母のうち被相続人と近い方)
  • ⅲ. 兄弟姉妹(兄弟姉妹が先に死亡していた場合甥や姪)

の範囲の方々が相続権を持っている可能性のある方となります。

配偶者はどのような組み合わせのときも常に相続人になります。

ⅱ、ⅲの方については、お亡くなりになった方のⅰ子供、養子がいる場合、相続権が無くなります。

ⅲ兄弟姉妹(場合により甥や姪)の方は、ⅱの被相続人の尊属がいる場合、相続権が無くなります。

ちなみに、いとこは相続権がありません

たまき行政書士事務所では、相続や遺言に関する全般の相談を行政書士が直接最初から最後まで行っております。表面的理論的な知識のみならず、多くの相続遺言の実務を経験しておりますので、初回のご相談からかなり深く具体的なご相談をすることができます

まずはお気軽にお電話メールラインにてお問い合わせください。

LINEビデオやZOOM、Skypeを利用した無料テレビ電話相談も実施しております。

相続権とは

相続権とは、お亡くなりになる方の財産を相続する権利のことをいいます。

死亡前ですと、推定相続人は誰かという議論(相続が発生したら相続権の獲得を期待できる期待権の問題)になりますし、死亡後ですと、法定相続人は誰かという話となります。

ホームページをみてお問い合わせをいただく場合、「私に相続権はありますか?」などと、親族の方から質問されることがよくあります。

相続権は誰にあるか=相続人は誰かとほぼ同じ話と考えて良いでしょう。

相続人は誰かを確定することが生前、死後いずれも重要です

相続人とは、一般的に、二通りの使われ方があります。具体的には、死亡の先後で言い方が異なります

死亡前の相続人は、まだ相続人として確定していないので、推定相続人と呼びます。

これに対し、被相続人死亡後の相続人については、被相続人の死亡の瞬間に相続人が確定しますので、法定相続人(民法という法律で順位が決まっている相続人)といいます。

生前の場合

例えば、対象となる方の死亡前の親族からの相談ですと、まずは、推定相続人を確認する必要があります。なぜなら、推定相続人ではない方については、死亡後も相続権がないといえるため、公正証書遺言などの遺言がない限り、相続財産を取得することはないからです。

そのため、推定相続人とはならない方に相続財産を渡したいという希望がある方については、公正証書遺言などの遺言の作成が必須となります

死後の場合

対象となる方が、遺言を残さずに死亡した場合、死亡の日時点での相続人の確定が必要となります。

遺産分割協議開始時点ではなく、死亡の時点での相続人の確定がまずは必要となります。

代襲相続が生じていれば、代襲相続人も法定相続人となりますので、丁寧に戸籍を集めて代襲相続人まで確定する必要があります。

次に、遺産分割協議までに法定相続人の方が全員生きていれば生きている方の署名押印で足りますが、遺産分割協議の時点で、法定相続人が死亡してしまった場合には、法定相続人相続人のさらに法定相続人が署名押印するメンバーとなりますので、法定相続人のさらに法定相続人の確定が必要となります(いわゆる“数次相続”の発生)。

最後に、法定相続人が確定したら法定相続人の中に遺産分割協議に参加できない方がいないか、相続放棄した方がいるかを確認して、遺産分割協議の方向性が決まります。

相続手続きでは、相続人の確定のあと財産調査を進める必要があります

相続手続きの流れ相続人の確定作業(戸籍の収集)の次に(あるいは同時進行で)財産調査を進める必要があります。

法定相続人の方々と遺産分割協議をどのように進めるかを話し合う上で、財産調査の結果、相続財産がどのようなものがあるかを把握することはとても重要です。

財産状況がわからない状態で話し合っても何も決まらないことが多いので、財産の全貌を把握する必要があります。

財産調査は、相続人であれば、単独の権利としてできますので、代表となる相続人の方(窓口となる方)は、相続人確定(戸籍収集)の後で財産調査を進める必要があるでしょう。

相続手続きの流れは、図の円グラフのようになります。

お気軽に相続や遺言についてご相談ください

今回は、相続権に関しての記事を書きましたが、相続の事案は、一例として同じ事案はなく、それぞれのご家庭ごとに状況は異なりますので、相談は相続の実務を多く経験している専門家に個別具体的にした方がよいといえます。

たまき行政書士事務所では、相続や遺言に関する全般の相談を行政書士が直接最初から最後まで行っております。表面的理論的な知識のみならず、多くの相続遺言の実務を経験しておりますので、初回のご相談からかなり深く具体的なご相談をすることができます

土日、平日夜間の訪問相談もしております

平日にご予約いただけましたら、土日や平日夜間のご相談もお受けしております。

だれに相談して良いのかわからない、ずるずると相続発生から何年も経ってしまった、地元の行政書士や司法書士に相談したが、解決しなかったなどお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください

お電話メールラインにてご予約をお受けしております。

テレビ会議相談も行っております

令和2年3月以降新型コロナウィルスの影響で面会でのご相談もしばらく控えたいというお客様もいらっしゃると思います。

対面でのご相談よりもテレビ会議でのご相談を希望される方については、ZOOMなどのツールを利用したテレビ会議相続相談(オンライン相続相談、リモート相続相談)が可能です。

テレビ会議相続相談は、出張訪問相続相談と同品質で時間をかけて行っております。

事前にご予約を行っていただければ、初回1時間相続や遺言のご相談を無料でお受けしております。

無料テレビ会議相続相談のあとそのままご依頼をしたいとご希望のお客様については、そのままスムーズにご契約を行うことも可能です。

テレビ会議ですので、インターネット環境が整っていれば、北海道の離島(利尻島など)の方や東京都、神奈川県の方など遠方の方もご相談可能です。

テレビ会議相続相談の方については、北海道以外の遠方の方でも、ご依頼をお受けすることが可能です

まずは、お気軽にお電話メールラインにて、テレビ会議相続相談についてもお問い合わせください。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

その他のよくある質問

全ての質問を見る

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市北区北32条西5丁目3-28
    SAKURA-N32 1F
    011-214-0467(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    地下鉄南北線:北34条駅(3番出口)から徒歩1分

事務所情報を詳しく見る

相続遺言YouTube教室 随時更新中!

行政書士田巻裕康による相続・遺言に関する解説動画をYouTubeにて公開中。一般のお客様はもちろん、相続実務を行ったことのない行政書士の方もぜひご活用ください。