戸籍編(養子縁組)

相続・遺言コラム
行政書士による相続の解説。北海道全域対応の無料訪問相談も行っております。

たまき行政書士事務所では、一般の方では収集が難しい戸籍の案件について多くご依頼を受けております。

その中で今ではあまりないような

などが昔の戸籍にはあります。

ⅰ. 結婚の形態

多数回の結婚

ⅰの結婚の形態とは、同じ方と複数回短期間に結婚離婚を繰り返しているケースです。

この時に、相続に関してポイントとなるのは、子供がいつの時点で生まれたかです。女性側は、母であることは明白ですが、男性側は結婚していない期間に生まれると一部みなし規定を除き父とはならないので、注意が必要です

結婚していない期間に、子供が生まれた場合、原則として、のちに認知がない限り血縁の父と子の間でものちに相続関係は生じないこととなります。

(認知)
第七百七十九条 嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる。
(認知の効力)
第七百八十四条 認知は、出生の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者が既に取得した権利を害することはできない。

民法

ⅱ. 戸籍の入り方について

本当は子供なのに妹として戸籍に入る

ⅱの戸籍の入り方については、現在80歳代後半から90歳代くらいの方については、Aさんの子供なのにAさんの年の離れた妹として登録されていることがあります。

相続の際には、裁判でもしない限り、戸籍上の相続人で遺産分割協議を行う必要がありますので、実際には、血のつながった親の相続なのに、妹として登録されているBさんは相続人とはならないということが生じます。

ⅲ. 養子縁組の形態

養父が二人いる事例

今回、コラムの主なテーマとして取り上げるのは、ⅲの養子縁組についてです。

現在よく行われる養子縁組は、2回目の結婚をする女性Xさんが再婚相手の男性Yさんと結婚する際に、自身(女性側)の連れ子Cさんと再婚相手の男性(連れ子から見ると義理の父に当たる方)と養子縁組をすることです。

養子縁組をすることで、YさんとCさんは法律上正式に父と子の関係となります(正確には養父と養子の関係となります)。

法律上父と子なので、当然Yさんが死亡した際には、養子縁組を解消しない限り、Cさんはこれからずっと相続人となります。

しかし、この結婚がうまくいかなくなって離婚するときには、再婚相手の男性Yさんが養子Cさんと養子縁組を解消することが一般的です。

ところが、昔の戸籍では、離婚をしているにも関わらず、経済的事情など諸事情により、女性の連れ子と養子縁組を解消していない場合があります。

養子縁組を解消していない場合養父と養子の関係は続きます

さらに、女性が再再婚をして、女性の連れ子として、再再婚相手の男性と養子縁組をした場合、2人目の養父が登場することとなります。

養父が2人いることで、養子には不利益はないので、1人目の養父はそのまま存続します。戸籍にも養父が二人いる場合、重要情報のため、ずっと養父の名前が二人登場します。

当時の時代背景

現代では、権利意識がしっかりしている方が多く、扶養義務の関係や相続の関係で、養子縁組を離婚と同時に養子縁組も解消していることがほとんどです。

しかし、80歳~90歳代の方は、時代背景もあり、何人もの養父となっているという状態で死亡するということがあります。

時代背景とはあくまで推測となりますが、女性が現代のように男性と同じように仕事がしにくかった時代に、経済的力のある男性が親族や近所の方、あるいは先ほどの例のように女性の連れ子と養子縁組をして、養父となり小さな子供を養っていたということがあります。

このような場合、一度養子縁組をすると離婚をしても養子縁組を解消していないケースがあります。養子縁組をするタイミングは幼少期のことが多いですので、養父とは、10歳くらいから一度も会っていないということもよくあります。

そして、いざ相続が発生するともう記憶にはない法律上の父の相続人となっていることを他の相続人から知らされることで判明するのです

またこれとは逆の場合もあり、血のつながった子が父の相続のための戸籍を収集していると、父がかつて養子縁組をしていて養父となっていることを知り、予想もしなかった相続人(父の養子)が出て来て大変になるということもあります。

相続人は誰かを正確に把握してから遺産分割について考えることが必要です

たまき行政書士事務所では、初回の相談時に相続人は誰か現時点で分かっている限りの情報を聞き取ります。相続人は誰になるかは相続相談において最も重要な問題といってよいと思います。

相続人は誰かを確定しないで、せっかく遺産分割の話を進めても相談者の予想しない相続人がいる場合、予定通り相続手続きが進まないからです

そのため、たまき行政書士事務所のホームページでも相続人についての、記事を多く書いております。

今後も、相続人についての解説をしていきますので、よろしければご参照ください。

相続・遺言で何かお困りですか? 悩まずにお気軽にご連絡ください

相続・遺言のご相談なら
道内全域無料で訪問いたします

相続・遺言の
ご相談なら
道内全域無料
訪問いたします

(事務所での相談やテレビ電話での相談も可能です)

北海道の相続でお困りの方へ
たまき行政書士事務所では、相続・遺言でお悩みの方のご自宅に行政書士が訪問し、無料でご相談いただけます。
もちろん出張費も無料です。相談したからといって必ず依頼する必要はありません。
まずはお気軽にご連絡ください。

相続・遺言でお悩みの方へ。札幌市など道内全域出張対応

よくあるご質問FAQ

  • 相続について
  • 遺言について

全ての質問を見る

全ての質問を見る

無料訪問相談・無料テレビ電話相談のご予約や、ご質問等はお気軽に

たまき行政書士事務所の無料訪問相談について >>

無料訪問相談のご予約はこちらから お気軽にご連絡ください

たまき行政書士事務所の
ごあんないABOUT

札幌 相続のたまき行政書士事務所 入口
札幌 相続のたまき行政書士事務所 エントランス
札幌 相続のたまき行政書士事務所 相談室
札幌 相続のたまき行政書士事務所 訪問相談
相続・遺言でお悩みの方へ、行政書士が道内全域へ出張対応いたします
札幌など北海道内全域に出張します

相続・遺言専門のたまき行政書士事務所

  • 代表 行政書士 田巻裕康
  • [住所]
    北海道札幌市北区北32条西5丁目3-28
    SAKURA-N32 1F
    011-214-0467(受付:平日9時~18時)
  • [交通アクセス]
    地下鉄南北線:北34条駅(3番出口)から徒歩1分

事務所情報を詳しく見る

相続遺言YouTube教室 随時更新中!

行政書士田巻裕康による相続・遺言に関する解説動画をYouTubeにて公開中。一般のお客様はもちろん、相続実務を行ったことのない行政書士の方もぜひご活用ください。